仕事をしながら楽しむ妊娠生活

仕事をしながら楽しむ妊娠生活

私にはずっと続けている仕事があります。仕事が大好きなので、これまでやめようと思ったことはありません。第一子を妊娠した時ももちろん仕事をつづけながら仕事をして育休と取ってト考えていました。私の仕事は介護職ですが、仕事柄患者さんを抱えたり、立ち仕事が多く、女性で妊娠しても切迫流産になる人が結構いました。

 

私は第一子の時は、計画的に時期を選んで妊活をして、無事妊娠までたどり着くことができたので、切迫をすることも嫌でした。

 

そのために妊娠はかなり初期に判明しましたが、すぐに上司に報告をしました。よく安定期まで報告を待つ人がいますが、結構安定期に入る前に流産する人もいるんですよね。だから早めの報告の方が良い判断したのです。その後上司からスタッフに妊娠のことが伝えられ、私の仕事の内容な少し変化しました。

 

これまではスタッフと一緒に患者さんのケアをすることが中心でしたが、妊娠後はあまり動かなくていいケア、例えば、食事の介助などです。力を必要とせず、うごかなく手もいい仕事が中心になりました。また事務仕事も増えました。このように早く報告をしたことで、仕事内容も配慮してもらって、無事に妊娠を継続させることができたのです。

 

プライベートも初めての妊娠ということで家族も大喜び。妊娠中に良いといわれるお寺やパワースポットなどいろいろ教えていただき、旅行にも行きました。また赤ちゃんのことを想像して色々なものを購入することも楽しかったですね。いろいろあり過ぎて何を購入しようか迷うほどでした。

 

妊娠生活の中で一番楽しかったのは、初めてマタニティーヨガに通ったことです。これまで今日にはあったけど、仕事も忙しくいくことができませんでした。しかし、安定期に入ってからは週一回、産前休に入ってからは、一日おきに通いました。そのせいか体重管理もうまくいき、妊娠中は7キロだけの体重増加で済むことができました。出産も私は苦しかったですが、先生は安産だったといっていました。

 

初めての妊娠生活でしたが、仕事をしながら楽しく生活を送ることができたので、良かったです。

 

参考URL:ベルタ葉酸サプリの本音の口コミ、効果ない?